FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行政法(公務員試験・行政書士試験)・・その3

前の記事で面白いケースが報道されてると書きました。
見当ついてる人も多いと思いますが、沖縄県の米軍基地辺野古移設の件です。

新聞によると
先月23日に沖縄県が移設関連作業の停止を沖縄防衛局に指示した。
とのこと。

行政法の一般のテキストでは、街のおにいさんがレストランを始めようとして県へ営業の許可を求めて云々というようなケースで説明がされていることと思います。

ところがこれは行政行為の相手方がいたいけな個人ではなく、沖縄防衛局という国の機関なところがまずめずらしい。官対官ですな。こういうこともあるというのが一つ勉強になります。
公務員になって許認可業務の部署に配属されると、当然その業務の基の法律を読むわけですが、「××するには、許可をとれ・届を出せ、ただし国等がする場合はその限りにあらず」という法律をけっこう見ますけどね。

マスコミ的には、どこぞの無名人がレストランを開業しようとして県に拒否され、県と争うことにしたなんてのはニュースにならんですが、このケースの場合はなんせ事が大きいので報道されている。
受験生の皆さんとしては、教科書に載ってることの実例が目の前で展開してるわけで、注目せざるべからずです。

事件にもどりますと、
沖縄県の指示に対し、菅官房長官は24日午後の定例会見で翁長沖縄県知事(←行政庁)の指示は「違法性が重大かつ明白で、無効だ。」と述べた
とのこと。

さっそく行政法テキストの「行政行為の瑕疵」のとこで習う「重大かつ明白な瑕疵を有する行政行為は当然に無効とされる」←これそのままのコメントがなされました。
国の立場としては、とりあえず真っ向空竹割りに、こう言うでしょうね。

無効であると言ってみても、行政行為をした当の行政庁が「言われてみたら、そのとおりだ。ごめんね。」とはまあならない。<くっきりした単純ミスなら話は違うだろうが>

というわけで争いとなり、さてここで3分類のうちの救済法が登場しました。
行政不服審査法ですね。国が助けてくれと言って(レストランの営業の停止を食らった街のお兄さんと同じ立場)、この法律を使いました。

指示に不服の沖縄防衛局は行政不服審査法に基づく審査請求を農林水産相(←処分庁の上級行政庁。処分庁は沖縄県知事だが処分の元になってる規則が県漁業調整規則で、そのまた元の法律が水産資源保護法で、この法律を所管してるのが農水省だからこうなるらしい。)にした。
併せて指示の効力をとりあえず止める執行停止の申し立てもした。
3月30日にはそれが認められ農水相が指示の効力を停止する決定をした。

という流れです。

受験生の皆さんは今後の手続きの流れを予想してみてください。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ドキドキしながら書き込みしてます!

只今、私初体験中(笑)
こうやってコメントするの初めてなんですよ( ´∀`)

一種の告白みたいで照れますが…
サーラトンボさんの言葉の選び方好きだなって思いました。

素直な言葉って印象でストレートに言葉が溶けこんで来るというか☆
単純にすごいなとも思いました(*´∀`*)

私…もうずっと良い事なくて。。
自暴自棄までは行ってないんですけどほぼ近い状態で(汗)

だから思い切って連絡しました(*´▽`*)
迷惑であればコメント即消してくださいね。

緊張しながらも楽しみにサーラトンボさんからの連絡待ってます(◎>∀<◎)

No title

レインボー様

ブログお読み下さり、ありがとうございます。
文面見ますと大変そうですが、がんばってください。
プロフィール

サーラトンボ

Author:サーラトンボ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。