FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご立派な辞め方

よく成功者へのインタビューなどで転職のことを聞いたときに次のような答があります。

例えばサラリーマンから起業して独立事業主になって成功した人とかが
A「サラリーマン時代の仕事も別に嫌いじゃなかったし楽しんでやっていた。でもあるアイデアを思いつき事業化すれば面白いと思いサラリーマンを辞めた。」

これは誠にけっこうな話ですな。


それで人は次のような教訓で話を締めることが多い。
曰くB今の仕事に不満ばかりで辞めたような奴は次の仕事でもろくなことにならない。」

だがこの教訓を真に受けすぎるのは考えもんだ。

そりゃ冒頭Aのような辞め方が理想で一番いいに決まってる。
たしかにBの辞め方の人で次の仕事でも、パッとせずダメな人はいっぱいいるだろう。

しかしC「今の仕事がいやでいやでしょうがないのに辞めずに結局ノイローゼになり自殺した。」

というような人もいる。

Aの人はめでたい事でご同慶のいたりだがAのようじゃないからと言って辞めずにCになったんではなんにもならないじゃござんせんか。
辞めればとりあえず今感じてる嫌なことは目の前から消えるのでそれだけでもとりあえずプラスがある。そして先の教訓のように次の仕事でうまく行かないとはかぎらないですしな。

「いやだから辞める」実にスッキリとして簡潔だ。

大体生物は嫌なとこから逃げ出すように出来とります。
アメーバ―みたいなんでもそうだろう。

嫌なのにがんばって辞めない人というのは
・つらさに負けたふがいない奴だと言われたくない。
とか
・仲間を見捨てるような気がする。
とか
・ひとつのことをやり続けるのが立派な人間だ。
とか
思ってる人が多く、ごじゃごじゃ考えて結局つぶれる人がおります。

連合艦隊司令長官でもあるまいし平和な時代のサラリーマンならもっと気楽でもよろしいと思いますがね。
もっとも、逆に少しは辛抱してみろよと言いたくなるような人も今時多いらしいですな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サーラトンボ

Author:サーラトンボ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。