FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船舶操縦士免許の更新講習

船舶操縦士免許の更新講習に行ってきました。

車の免許の更新の時と同じようにビデオを見せてくれます。
その中で事故事例が色々出てきます。
それで今回、印象に残ったやつをひとつご紹介します。

季節外れの話題にはなりますが、水上バイクの注意点です。
特に乗せてもらったとき気をつけるべきことです。

それは、運転者はハンドルを持ってるのでいいのですが、後ろに乗せてもらってる人は急発進のときに慣性の法則で後ろに落っこちるなということです。(これは普通のモーターボートでもそうですが)

それでですね水上バイクの後ろからはジェット水流が出てます。
こいつがどえらくパワーがあるらしい。(あの船体を前へ押し出すくらいですから)
で、その事故事例では後ろに落っこちたときに、このジェット水流に股間を直撃されたそうです。
で男の大事なところにダメージを受けたと言うことだそうです。

想像するに跨った格好のまま赤ちゃんがおむつを替えてもらうような体勢で後ろへ、それで股間あけっぴろげのところへ水流がジャストミートという恐ろしい事態へということでしょう。
運転者の方から言えば、発進するときは後ろの者にそれを伝えて、しっかりどこかにつかまらせて出るということが大事だということですね。

水だからやわらかいというイメージで油断するな!であります。

<本ブログが一応職業テーマ中心のため以下とってつけたような情報を載せとく>
士業のひとつに海事代理士というのがあります。
船舶登記やら検査申請や海技免状にかかる業務等々が業務らしいです。
特殊な分野なので、それまで海の仕事と関係なかった人が試験を受けて独立開業するとかには向かないもんらしいです。
行政書士的には、何か海っぽい仕事がもし来たら、海事代理士の職域とか調べて引き受けてOKかどうかチェックしてみるべきでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サーラトンボ

Author:サーラトンボ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。