FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寓話 「舟と大店(おおだな)」

お話を作ってみました。題して「舟と大店」
・・・・・・・・・・・・・・・

代官 「お触れを出す。すなわち、これからは勝手に舟を作っては相ならぬ。」

大店の主、増衛門(マスエモン) 「それはご無体な。舟を作れませんと沖合の鬼ヶ島に鬼退治に行くことができませぬ。お代官様、是非ともお考え直して下さりませ。」

百姓 「増衛門さんよ、あんた今まで舟が勝手に作れるとき1回でも鬼退治に行こうとしたことがあったのけ?」
スポンサーサイト

公務員の嫌いなもの・・その2

公務員の嫌いなもの・・その2

小役人の嫌いなもので忘れてはならないのが圧力系の各種団体ですな。
いろんなのが来ましたな。
電話の応対なんかでも揚げ足にもならんような事でも無理くり足を持ち上げて来ますな。
私もそういう者に暴行されシャツをズタズタにされたことがありましたな。
上司に「訴えるか?」と聞かれましたが結局訴えませんでした。
一つには暴行といっても相手が本気を出してないのはわかった。怪我もしなかったしな。
もう一つは、ただ面倒くさかったということ。
しかし、やはりこれは正しい対応ではなかった。今後のためにもキチンと訴えるべきでありました。後輩たちよ、ごめんなさいであります。

また、こんなこともありましたな。
昼飯近くなって今日はうどんにしようかカレーにするかなんぞと考えているとこへ遠くから♪♪ワガオオキミニメサレタール・・♪♪と聞こえてきます。
エセ右翼(政治思想はロクに持ってなく主にワーワー言うために右翼のフリをする人達)のお出ましです。
ドカドカ迷彩服を着込んだ子分達が乗り込んで来て廊下に陣取る中、親分が部長室で談判を始めます。
部長室から「おらあ、どこそこのなんとかとは兄弟分だ・・」と声が漏れてきます。
兄弟分!・・映画とかでは聞いたことあるけどリアルで聞いたのはあの時が初めてだったので記憶に残っとります。

しかし今から思えば当時の役所のセキュリティーはゆるゆるでしたな。
なんせ、いつでも印鑑売のおじさん、生命保険のおばさん、靴屋、背広屋、名刺配りの建設会社営業マン、ただ単に役人を小馬鹿にするために来るじいさん(怒ってるわけではない、しょっちゅうからかいに来る)・・などなどなんでもござれで入って来てました。
しかし入札工事の予定価格の書類なんかも机に置いてあるかもしれないのにまずいだろうってことで今はそれなりの用のない人は入れなくなりました。
プロフィール

サーラトンボ

Author:サーラトンボ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。