FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドローンと航空法

古寺とドローン

古寺の上空を飛行するドローンであります。
この写真は今年の4月に撮ったものです。ちなみにここの住職は私の友達です。

なんやかや事件があって、その後、航空法が改正になったのはご存知かと思います。
                      ↓
 <国土交通省>無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール           


上にリンクを張ったページによると、今月の12月10日から新規制がかかったということです。
で、とりあえず
(A) 空港等の周辺の空域
(B) 地表又は水面から150m以上の高さの空域
(C) 平成22年の国勢調査の結果による人口集中地区の上空
で飛ばす場合は許可がいりまっせということだそうです。

それで、この写真の場合はどうかというとA、B、Cどれにも当たらんので、現在でも自由に飛行OKかというとそうはいかんらしい。
というのは
区域とは別に「無人航空機の飛行の方法」というのが定められており、その中には

★人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
◆祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと

なんていうのがある。
それでこの「方法」にはずれて飛ばす場合は「承認」が必要だと書かれてあります。

実は写真の日は、そこでお祭りをやってたので上記◆にひっかかる。そして★にもひっかかるように見える。
しかし、方法★の分を厳重に当てはめたらバンバン当てはまりそうですな。
よっしゃ、そんならドローン手続き専門の行政書士になるぞ!・・・なんちゃってね。

ま、というわけで世の中に規制が増えると行政書士の商売のネタがふえるというお話でした。
スポンサーサイト

申請取次実務研修会

浜町河岸景色

申請取次実務研修会へ行ってきました。

これは何かというと行政書士の業務分野のひとつに入国管理局手続きがあります。
で、普通、入管(入国管理局)手続きはその外国人本人が出頭する必要があるのです。

それでは面倒だというので行政書士が「届出済証明書」というのを取得すると、行政書士だけが入管へ出向いても原則的には応じてくれるということになってます。

それでその「届出済証明書」を更新するのに研修を受けないといけないのです。
そいつに行ってきたわけです。

で、取った宿が柳橋にあったので翌日、近所の浜町河岸を散歩しました。
あの明治一代女の有名な歌詞・・・♪ 浮いた浮いと浜町河岸に ♪・・・のとこです。
そこの現代の姿が上の写真です。
今はあんまりあの歌のような風情ではありません。

その散歩中に不思議な物があったので、それも写真に撮ったのですが一つのブログ記事の中に2枚目の写真を入れようとするのが何かうまくいかない(苦笑)こともあり、別の記事でご紹介します。

etax・・その2

またお客の納税証明を取るのにetaxを利用しました。

利用者識別番号等は前回で再度確保してるので今回はサクサクッと行くつもりでした。
ログインして次々進んでよしよしと思ってると
「何やらが最新ではない。最新にせよ。」とのメッセージが登場。
なんやら嫌な予感が。

だが、とりあえず最新にするためのハイパーテキストをクリック。次々と進みこれでOKかと思った挙句に「ActiveXモジュールが動作中です。ブラウザを終了させた後、再度実行してください。」というメッセージが登場。
再度やってもダメだろうと言う強力な予感がしたが、しょうがなく再度実行。予感当たる。

上の文章からするとActiveXモジュールの動作をとめときゃいいんだろと思い、ネットで検索したら
「ActiveX コントロールのクラス識別子 (CLSID) の互換性フラグの DWORD 値のデータ値を変更することによってこれを行うことができます。云々・・」とかなんとか。

むずかしいよ、ばかやろっ。

とあきらめる。まあ最新でなくても申請できるんじゃねえのかということで警告のメッセージは無視して進めたら申請できた。

前回も言ったけど、これで1申請につき400円が370円になるだけ。しかもどっちみちお客に実費として請求するんで直接こっちの財布には関係ない話です。



委任状について

昨日、市へ指名願いの更新提出に行ってきました。
ちょうど市役所に入ったところで2時46分になり役所のアナウンスに従いその場で黙とうをしました。そこへ外から入ってきた人は大勢が色んなとこでじっと立ち止まっているので一瞬何だ?と思ったでしょう。

さて、その添付書類の一つである会社の代表者個人の納税証明を取得するとき申請書に生年月日を記入するようになってたのですが、社長の生年月日を覚えてなかったので携帯で聞きました。携帯出てくれたからよかったですが、そうでなきゃ無駄足を踏むとこでした。

こういう失敗を防ぐのに一番いいのは、例えば「個人の市税の納税証明取得代理の委任状」のひな形を作り、それに忘れず生年月日欄を入れておくことです。
同種の委任状を作るときは必ずパソコン内のそのひな形からプリントアウトするようにすれば、委任状をもらうときにいやでも書いてもらうことになるのでよい。

そんな感じで各種委任状のひな形を作ってる人は多いでしょう。
戸籍関係のを取るときの「本籍地」はまあ忘れないが「戸籍筆頭者」←こいつがうっかり忘れやすいのでご用心。




人気ブログランキングへ

e-tax

先日、受注した市の指名願い更新(注1)の添付資料で国税の方の納税証明が必要なためe-taxで申請しようとしました。
別に税務署で普通に申請書書いて請求してもかまわないんだが、前行ったとき税務署のおねえさんが電子申請じゃないとわかると、何か悲しそうな様子を見せたため、まあe-taxでやろうかと思ったわけです。

そうしたところ、利用者識別番号やら暗証番号やらわからない。以前1回したのだから持ってるはずだと思い受信メールに検索をかけたところ確かにそれらしいのをもらった形跡のメールがヒット。
しかし以前もらったようだということはわかったものの、番号がわかったわけではありません。

そこでサイトを(わざわざブラウザをインターネットエクスプローラーにして)(注2)見ると「利用者識別番号等をお忘れになった場合(個人)の変更届」てのがあり、そこからたどって管轄の税務署に届を発信。
2日後に税務署から「電子申告・納税等に係る利用者識別番号等の通知書」というのが郵便で届きました。これは思ったより早かった。

しかし、こんなことして手数料400円が370円になるという30円の得のみ。(待ち時間が少なくてすむというのも謳ってあるが、1件程度申請するくらいなら大して違わんようだ。)

(注1) 指名願いとは「入札参加資格審査申請」のこと。民間の人が役所と取引するときに、よく必要になる。行政書士のよくある仕事の一つ
(注2) 役所関係のサイトではインターネットエクスプローラーを指定されることが多い気がする




人気ブログランキングへ
プロフィール

サーラトンボ

Author:サーラトンボ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。